長期優良住宅の実現も、地域の工務店とならより長くより強く

長期優良住宅_1.jpg 

長期優良住宅は、愛情を持って大切に住み継ぐ住宅

 

欧米では、一度建てた住宅は、100年200年と長期的に住み継ぐと言われています。

では、私達の住む日本はどうでしょう?

実は、日本の住宅寿命は、わずか30年。

残念ながら、資源を無駄使いする結果を招いています。

これでは、今後さらにスタンダードとなる「エコ」への取り組みに、大きな遅れを取ってしまうことは明らか。

「長期優良住宅」とは、無駄な建て替えを行わずに長期的に住み続けることを可能とした住宅のこと。

構造の劣化対策や耐震性、省エネ性を兼ね備え、景観や環境にも配慮した、国の基準に従って認定される住宅です。

住宅を長持ちさせることは、当然ながら「エコ」にも繋がること。

「長期優良住宅」なら、建て替えることで出てしまう廃材を減少させ、省エネを向上させることでCO2を削減するなど、環境に与える負荷を大きく減少することにも繋がります。

資源を無駄遣いせずに、メンテナンスをしながら世代間で住み続けることができるということは、住宅自体が良質で資産価値が高いということ。

住み継ぐことで家への愛情が増すと共に、家を取得する費用をメンテナンスやリフォーム費用、家具や趣味等生活を豊かにする費用へ使え家族への感謝、愛情も増していくことでしょう。

地球に優しく「エコ」に貢献することと、家族に優しくすることがイコールになるのが「長期優良住宅」なんです。

 

長期優良住宅を実現するなら、地域の家守り工務店で

 

長期優良住宅_2.jpg皆さんは、「家守り(いえもり)」という言葉をご存知でしょうか。

これは読んで字のごとく、家を建てた後も修繕などを行い、家を守っていく存在の人を指しますが、私たち地域密着工務店が目指しているのがまさにこの家守り。

住み手と作り手の工務店が一緒に手を携え家を守り、地域に根差していく姿こそ、まさしく「家守り」の姿だと思っています。

実は2010年より、国も、建て替えの繰り返しによる、国民全体の負担を軽減することの実現へ向け、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」を制定。

地球にとっても人間にとっても、より豊かで優しい暮らしへの転換を目指し始めました。

私たちが長年つくり続けてきた省エネエコ住宅、健康住宅等の住宅の必要性に、国がやっと本腰を入れ始めたということ。

まさに、WHO(世界保健機構)の『住宅憲章』「住宅は安全で快適で、健康で、経済的でなければならない」を日本がやっと法的にも実践する気になったということでしょう。

長期優良住宅には、国の補助金や、ローン減税措置等のメリットが与えられます。

そのメリットを利用しながらも、なによりも家族の安心と安全、健康のために、その状態が永きに渡り持続するような家を地域を知り尽くした、私たち工務店と家づくりをしてみませんか?

 

>>FPの家を見る