「FPロングライフ倶楽部」は、FPの家オーナー様応援サイトです

高性能住宅『FPの家』が1984年に誕生してから30年以上の月日が経ちました。

30歳の時に『FPの家』を建てられたご夫婦は、現在60歳になりお孫さんがいる方も多くいらっしゃるかと思います。

2世帯や3世帯と大所帯になられてるご家族や、お子様が別に所帯を持たれご夫婦の二人暮らしになられていたり。

ご家族それぞれのヒストリーがあったことでしょう。

『FPの家』は皆様の物語の舞台として、ご家族を包み込みいつまでも暖かく見守ってくれていましたでしょうか?

私たちは、埼玉県、群馬県、栃木県で『FPの家』を建築してきました。

厳寒の地、北海道で生まれた高気密・高断熱住宅のパイオニアでもある『FPの家』を、ここ北関東で建て始めた20数年前は「関東で建てる住宅にこんな高い性能なんて全く必要ない」とよく建築業界の同業者に言われていたものです。

当時、私たちが惚れこんだ「FPウレタン断熱パネル」という最高の断熱材と、このパネルを使用した「FP工法」で建てられる『FPの家』を、信用して建築して頂いたお客様たちには、感謝の言葉しかありません。

北関東の気候は、冬の寒さは場所により北海道を凌ぎ、夏の暑さは日本一になるほどで、豪雨や竜巻等、年々厳しさを増すようになり『FPの家』を建ててきて良かった、とつくづく感じています。

時代はやっと住宅の高性能化に本腰を入れてきました。

2020年には建てる家すべてが高性能住宅ではならないという国の指針も出てきました。

私たちは、その高性能住宅を30年も前から、ずっと作り続けてきた自負があります。

『FPの家』に住まわれているお客様が、快適な住み心地にご満足頂けていましたら嬉しいことですが、何年も何十年も前に本物の高性能住宅を選んだという自負を持って頂けているとしたら、それもまたとても嬉しいことなのです。

 

「FPロングライフ倶楽部 北関東」は、その感謝の意味も込めまして発足することとなりました。

埼玉県、群馬県、栃木県、近郊の県で『FPの家』を建築されたOBお施主様のためのサイトです。

高性能住宅『FPの家』の快適な暮し方やお手入れ方法を発信・共有したり、我が家の自慢をしたり、困ったを解決したり。

コンテンツもまだまだ準備不足ではありますが、皆様のご意見を頂戴し反映させながら少しづつ成長させていきたいと思っております。

FPの家グループ北関東
会長 福田峰雄