省エネエコ住宅は、地球にも家族へも優しい

省エネ住宅_1.jpg 

省エネエコ住宅は、家作りの「ライフサイクルコスト」を意識しよう

 

「省エネエコ住宅」について詳しくお話する前に、まずは、日本の家の寿命のことを、さっとお話しさせてください。

皆さん、日本の家の寿命って、何年位だと思いますか?

だいたい何年位で、建て替えていると思いますか?

実は、答えは「30年」。

結婚して子供が生まれ、家を建て、子供が独立する頃には、多くの家庭で、家を改築している…、そんなイメージです。

「30年」という数字には、一見ピンとこないかもしれませんが、実は海外では100年、いいえ、中には200年も家を長持ちさせることは当たり前。

それと比べると、日本の住宅の寿命は本当に短いのです。

さらに、この日本の建て替えサイクルは、資源の無駄使いにも直結します。

家を建て替えるということは、古い家からまず廃材が出て、さらには新しい家のための、新たな材木も必要ということになります。

「木は、二酸化炭素を吸い込んでくれ、キレイな酸素を出してくれる」、そんな森の木々の役割も、小学生になればみんな知っていること。

残念ながら、短いサイクルでの家の建て替えは、資源を無駄使いするエコとは正反対の家づくり、ということになります。

もし日本の住宅も、海外と同じ水準まで、住宅ライフサイクルを引き上げることができたら・・・。

もうお分かりですよね?

家作りのライフサイクルコストを、低く抑えることに繋がっていくのです。


省エネエコ住宅は、「断熱」と「気密」がキーワード

 

省エネ住宅_2.jpg我が家を「省エネエコ住宅」にした場合、長いサイクルにおいて、コストが抑えられるだけではありません。

「省エネエコ住宅」は、“日常的”に見ても、とても家計に優しい住宅なのです。

まず大きな特徴が、「断熱」と「気密」。

「省エネエコ住宅」には、この2つが欠かせぬポイントとなります。

夏暑い、冬寒い家なんて、誰も住みたくないはず。

「外の気温に左右されるのではなく、一年中快適な空間で過ごしたい」、それが、誰もが望む居住空間ではないでしょうか。

現在、「断熱材」の中でも、世界最高水準の断熱性能を誇るのが、「硬質ウレタン」と言われる断熱材。

そう、冷蔵庫や船の船体、F1のレーシングカーボディなんかにも使われている断熱材です。

暑さも寒さも、すべての熱を断つ材料ということ。

家全体をこういった断熱材で包み込むことで外気温に左右されない、ダウンジャケットを身にまとうことになります。

そして、「省エネエコ住宅」において忘れてはいけないのが、「気密」。

温かなダウンジャケットを身にまとっても首元が開いていては寒くて仕方ありません。 

例えば、柱と断熱材の隙間、窓の廻りや、壁のコンセント、床の配管部分などは、隙間風の格好の通り道です。

このように温度の通り道となる隙間を徹底的に埋めていくことで、快適な温度を逃がさずに長時間保温ができる家が出来あがるのです。

 

自然のエネルギーを上手に取り入れて、ゼロエネルギーも夢じゃない!

 

暑い夏は、太陽熱を家の中に入れず、涼しい空気を外に逃さない。 

寒い冬は、太陽熱を家の中に入れ蓄熱し、熱を外に逃さない。

気持の良い季節や時間帯には、窓を開けて風の通り道をつくってあげることで、清々しく感じたり。

「断熱」と「気密」を徹底的に極めながら、自然のエネルギーを上手に取り入れることにより、僅かなエネルギーで快適でいつも爽やかな空間が出来あがります。 

「省エネエコ住宅」は、家のどこにいてもいつでも快適な温度、湿度になります。

だから、吹き抜け天井や、小屋裏を利用したロフト等、大空間を利用することが可能に。

広さから高さ、空間を贅沢に使えるのって嬉しくないですか?

さらに、自然エネルギーを最大限に活用する「太陽光発電」を取り入れれば、年間の光熱費をゼロに近づける「ゼロエネルギー生活」も、夢ではなくなりました。

2010年1月より、東京電力が「太陽光発電」により発電した電力量の買い取り額をそれまでの、25円/kwから、48円/kwにアップさせたことにより、既に光熱費ゼロ生活を達成させている方が増えてきています。

暑さ、寒さを我慢することなく、1年中快適に過ごした上での光熱費ゼロ。

まさしく、その住環境は、「エコノミー&エコロジー」、自然の恵みを有効活用した「省エネエコ住宅」となっていきます。


省エネエコ住宅なら、いつも健康な暮らし方を見つけることができます

 

省エネ住宅_3.jpgWHO(世界保健機構)の『住宅憲章』に、「住宅は安全で快適で、健康で、経済的でなければならない」という一文が記されていることを、ご存知でしょうか。

まさしく、これをカタチにした住宅が、「省エネエコ住宅」。

当然ながら、人間が生活を営む最も重要な場所「我が家」で、健康を害すことがあってはいけないですし、病気にかかってしまえば、経済的な負担を強いられることにもなります。

「病気」について、「治す」ことより、「防ぐ」ことの方が大切とは、よく聞く言葉。

私たち地域密着工務店は、建てた家と家族を守って行く「家守り」として、ある意味、医者の役目も担っていると考えています。

地元の気候風土に適した材木を選び、素材を吟味し、設計することも役目なら、家族の健康を考え「省エネエコ住宅」を建築することも、私たちの役目でもあるのです。

快適な住環境で過ごすことが、健康的な生活を送る助けとなり、結果として経済的な負担も軽減されます。

我慢や節約を強いるのではなく、無理をせずに、家族がいつも健康に過ごせる暮らしができる。

云わば、住むだけで健康になる「省エネエコ住宅」。

そして、家もそこに住む人も長持ち、長生きすること。

私たちはそんな家を建て続けていきたいと思っています。

 

>>健康住宅を見る