高性能を追求し、街並みに馴染む個性豊かな家づくり

FPグループ栃木感謝祭.jpg 

 

栃木県は関東圏の中でも寒冷な地域に属します。場所によっては真冬には-10℃を超え、雪が降ることも珍しくありません。

そういう意味では『FPの家』の良さをもっとも感じていただける地域です。

従来から寒さに強い家づくりが求められていたせいか、FPグループの中でも栃木県の会員工務店は研究熱心で、性能を徹底的に追求する真面目な家づくりを目指して研鑽を重ねています。

また自然景観にも恵まれていることから、環境風土、街並みに調和する家づくりにも力を入れています。

那須地域ではリゾート感覚を活かした別荘のような家、日光では歴史的な建造物の残る地域性に馴染む家。

その一方で宇都宮などの都市部では先進的でおしゃれな家づくりが得意な工務店もあるなど、地域それぞれのデザインにもこだわる、個性的な工務店が集まっています。

もともと大工で職人肌の朴訥な人が多いため、口数は少ないですが、内に秘めた家づくりへのこだわりや熱意は人一倍強く、お客様の要望にお応えするためには手間も時間も惜しまないという会員がほとんどです。

作例を見ていただくと分かるのですが、同じ『FPの家』でも工務店によってこんなに違うのか、と驚かれることでしょう。

もちろんそれはお客様のこだわりでもあるのですが、住む方と一緒になって、たったひとつの家づくりに取り組む姿勢はどこにも負けません。

栃木で『FPの家』を建てる工務店の10のこだわり

  1  家全体が均一な温度になる健康空間をつくる
  2  大工を始めとする各技術者による高精度な施工
  3  頑強な構造による高耐震の住まいづくり
  4  Q値、C値、計画換気による冷暖房シュミレーション
  5  品質を維持するために自分の目が届く範囲に限定
  6  掃除を徹底して品質と安全性を確保
  7  長期的なメンテナンスを考えた家守り
  8  シックハウスはつくらない健康志向
  9  自分が納得したものしか使わないこだわりと責任
 10  あらゆるライフスタイルに応える柔軟な提案力

地元栃木県のことを知っているということ

栃木県木「トチノキ」.jpg

栃木県の木「トチノキ」

学名:Aesculus turbinata

高さ25mにもなる落葉高木です。大きな樹幹を作り緑陰効果も高いので、公園や庭に使われます。葉は5〜9枚の小葉からなる大きな掌状複葉です。

栃木県花「やしおつつじ」.jpg

栃木県の花「やしおつつじ」

学名:Rhododendron pentaphyllum var. nikoense

本州の滋賀県以北から北海道に分布しています。山地帯から亜高 山帯の林縁や雪渓の縁に生え、高さは1〜2メートルになります。 

 

地元栃木県のシンボル木は「トチノキ」、花は「やしおつつじ」です。

ご存じでしたか?

私たち、栃木県の地域密着工務店は地域の気候風土を熟知し、街並みも考慮した家づくりを心がけています。

大切にしたい自然、大切にしたいつながり、地域と家族に優しいそんな家を建ててゆくことが、私たち地域密着公務店の役目です。